高速有鉛ウエブ - マニアな国産車趣味人向けウェブサイト

WEB高速有鉛デラックス!

2021年8月25日更新

 きっと今頃はイベントやオフ会も続々と再開しているはず……と思っていたのですが、感染拡大が続いている状況です。 ワクチン接種も進んでいますが、基本的な感染防止策を徹底する必要があります。 可能な限り外出の自粛と、密を避け、おしゃべりしないで高速有鉛デラックスを読むことが感染防止に役立つと言われています。 引き続き、読書で感染拡大を防止しましょう。

Amazonで購入

国産車専門誌として創刊した高速有鉛デラックスがお届けする、禁断のアメリカ車大特集。 USDMファンから'90年代タイムトラベラー、働くクルマ愛好家まで「実はアメリカ車が好きだった」という方はここをクリック。

20年近くワンオーナーで大切にされ続けてきたY32グロリア・グランツーリスモ。 購入した時は旧車というほど古くなく、誰も注目しない不認知車が主役の時が来ました。 いやいやオレは昔から注目していたという人はここをクリック。

USDMの人気アイテムである“カリフォルニアプレート”は愛車につければ一瞬にしてアメリカ現地の雰囲気に。 間違ったナンバーを付けたくない拘りの人はこちら。 いちいち間違いを指摘すんじゃねーよウルセーなという人はこちら

昭和の終わり〜平成初期の小型タクシーの代名詞的存在であったYT140系コロナ。 現役時代の貴重な姿を播磨観光タクシーがご案内します。 当時乗務した方も、現在自家用として所有している方も、コロナマニアの方も必見です。 見る

左ハンドルの北米仕様トヨタハイラックスのロングベッドが対決します。 20R搭載の前期型は2WD、22R搭載の後期型は4WDで、どちらも背中のシェルもアメリカン。 日本仕様名はハイラックスですが、北米仕様の正式な名前はこちら

V8搭載の130系クラウンが、1/24スケールと24/24スケールで競演をします。 ハードトップでありながらベンコラという希少仕様をプラモデルで再現。 その場合のインパネはセダン用とHT用のどっちでしょう? 正解はこちら

「ホットドッグ四ツ葉」のチェリーキャブを現地取材。 ペーパークラフトでお届けします。 キュウマルヒロイン第2弾、U12ブルーバードSSS対決、Y31サプライズ納車式、赤い笹カラーこと下津井電鉄バス旧カラー。 ミニカーにプラモデルと盛りだくさんのVol.82です。

カロゴンの'90sスタイルアメリカンカスタム、ハイルーフを持つブライダル仕様Y31セドリック、コラムシフトの黒いクラウン(MS80、MS110、GS130)、「アクセル426」ジオラマコンテストの入選作品発表、ヴァーチャルJCCSエントリー全車紹介と、盛りだくさんのVol.81です。

巻頭では70スープラを大特集。 北海道のハチマル車コレクター訪問、ヨーロッパの日本車、チェッカーキャブカラーのタクシー、トモテツ5E、路線バスのシート配列研究、ペーパークラフトはハイゼットトラック スポルツァVer.と盛りだくさんの Vol.80 です。

HOT ROD界のベテランがプロデュースした街道レーサー、X81のオフ会「デパオフ」、懐かしの東京無線タクシー、愛知県警の警衛用130系クラウン改オープンカーなどなど盛りだくさん。 映えること間違いなしの「鉄剣タロー」ペーパークラフトの展開図のダウンロードはこちら

kiyophotographyプレゼンツなまらビューソアラ、ヤナセ物アストロの前期と後期を比較、USDMjam ver.13レポート、サロンバスの車内、そして映える情景併用軌道と初代ファーゴのペーパークラフト付きというお得な内容のVol.78です。

プリウスを否定すると「わかってない人」という風潮へと流れを変えた一冊。 プラモ製作に役立つ神奈中MP38詳細、日本未発売ボディのUSDM、Hiro430に'90sカスタムプレーリー、ペーパークラフトはクルーと幅広い内容の Vol.77です。

大事故から復活を遂げたGX71物語。 カタログにみる130系クラウンと80系マークUの歴史、YPY31ウォッチング、360cc時代のポータキャブの年式変遷解説、はたらくEUDMなどなど、読むだけでステイホームな Vol.76 です

3ナンバーの130系クラウン、カリフォルニア旧車集会JCCS、自美研ミーティングin大磯ロングビーチ全車紹介、日産クルータクシー、おまけのペーパークラフトは「もしも13番が5ダッシュだったら…の330」です。 じっくり読んで時間を忘れる Vol.75 です

ペーパークラフトはカリーナED、KUSTOMデボネアにハイソなチェイサー、GX6171と歴代ローレルミーティング、フローリアンバン、スーパーカー消しゴムの記事と盛りだくさんの Vol.74 です。

新春特別おまけは、セメダイン号のペーパークラフト。 カローラ、アルメーラ姉妹車のNISMO仕様、北米新型ヤリス、Bug-Eyeとグローバル戦略車。 懐かしのクルー営業車。働くクルマ好きからUSDM好きまで大満足の Vol.73 です。

マレーシアの街道レーサー、130系〜Y31セドリック営業車の歴史、劇用車マニアイベント&ミチノクレトロカーズセッションと内容もりだくさん。 おまけのペーパークラフトはデボネアAMGです。 脳トレしたい方にもオススメの Vol.72です。

レアカラーの81マークUたちとデパオフ。 イベント「北海道ハチマルカーミーティング」を現地レポート。 話題騒然の新型マツダ教習車。 単灯式回転灯のパトカー記事を担当するのは播磨観光タクシー。ペーパークラフトはミズリナグリーンの130クラウンSTD。 Vol.71 は必読です。

GX61のOh! My駿河富士 ワークス、ビスタアルデオ、デボネアV、初代プリウスの北米仕様。 USDMjam ver.12総力特集。クラウン120系タクシーの現役時代。 そしてペーパークラフトはバンとセダンのどちらにも変身するショートノーズのスカイライン。 素晴らしい内容なのに、存続の危機という状況から救えなかったVol.70です。

高貴な後期のGX71マークU特集。初代パジェロと初代デリカスターワゴンのドライビングインプレッション。図々しく他誌主催のイベントを総力取材したお台場旧車天国2018。 ペーパークラフトはギャラン買pトカーと、売れセン狙ったにもかかわらず在庫アリな Vol.69 です。

ハチマルヒーローの先ゆくキューマルヒロイン。 '90年代トヨタ車特集。MQQNEYESオールオッズナショナルズ、USDM&JDM派には2018年のTOYOTAFESTとJCCS。 ペーパークラフトは約サンニーのY32。内容盛りだくさんでおとぼけする Vol.68 です。

北米仕様の日野FE2620、日野社員のイベント潜入、昭和の日野マンが記録した貴重なアルバム、日野RJ最後の活躍と日野を大特集。 マツダ5チャネルミーティング、5チャネルの解説、そしてペーパークラフトはペルソナと、マツダの記事も盛りだくさんの Vol.67 です。

レアカラーを纏うGX61ツインカム24、Y31のスタンダードにあたるオリジナルが現役だった頃、「北海道ハチマル」と「ミチノクレトロ」イベントレポート、バケルトンバスと'80年代東急バス弦巻営業所の記録と、ワイドな内容の Vol.66 です。

130〜Y30までセドグロ歴代スタンダード、X81ミーティング「デパオフ」、「ゆーるピアン」ミーティング、ピンクのクラコン「ドレッシング号」、西工ロイヤルデッカーなどなど、人気の記事がぎっしり詰まった Vol.65 です。

ヒュンダイ、メルセデス、プジョーの北米仕様が登場。USDM jamを総力取材。 香港的士にバニラバス&ライブバスの情報も。 幅広く偏って節操ない内容の Vol.64 でキミも無駄な知識を蓄えよう。

FS45Vトヨタ救急車の復活物語、ノンスリの祭典白老旧車ジャック、クラコンオーナーズミーティング、懐かしの元神奈中車など盛りだくさんの Vol.63 です。

AutopistaのGX81とソアラ、USDMな左ハンドルのスバルが4台、国鉄バス、230タクシー、アオシマプラモデルコンテスト発表と、盛りだくさんの Vol.62 です。

元タクシーの40系クラウン、デボネア、Σタクシー他LPG車たちが登場。 横転爆発炎上しない230セドリック、 USDMの祭典k-day!!、レパード全国ミーティングと盛りだくさんの Vol.61 です。

旭川仕様や道東仕様のGX61を特集。 夕張ハチマルミーティング、フェンダーミラーのY31タクシー、ソアラオフ、旧車用シールドビームと、盛りだくさんの Vol.60 です。

グランドグロリア、150プレジデントと国産高級車特集。 クラセダ、Y31後期の見分け方、ワンダーシビック、線路の上のボンネットトラックと、マニアからマニアまで満足の Vol.59 です。

X81大特集。センチュリー、初代アベンシス5ドア、240SX、消防指揮車のY31、タダコンの見分け方と内容ギッシリでお買い得な Vol.58 です。

クラコンの年式別見分け方や自美研ミーティングを収録した問題作。 ながいながい話は こちら

GX71ぺーパークラフトやUSDMなどムフフな情報は こちら

アダルト会員の方のみ、バックナンバーを閲覧いただけます。
Vol.55

問い合わせ

高速有鉛デラックスの購入に関するお問い合わせ

内外出版社 販売部 TEL: 03-3833-2565
※内外出版社ではフリーペーパーを取り扱っておりません。

編集部

〒343-0843 埼玉県越谷市蒲生茜町12-12 グリーンビル2F
有限会社FEN 高速有鉛編集部
Eメール: mail@neoclassic.jp
※編集部ではフリーペーパーの配布、および高速有鉛デラックスの販売は行っておりません。

※お問い合わせの際には、必ずお名前をお書きください※
無記名のお問い合わせには、お答えしておりません。

※ご返信には、お時間をいただいております※
メールへの返信には、お時間をいただいていおります。また、内容によっては、お返事を差し上げることができないこともございます。ご了承ください。












メンバーログイン | ショップの皆様へ | ヘルプ

© 2006-2021 高速有鉛, all rights reserved.